ダイエット 胸 戻し方

MENU

ダイエットで痩せた胸の戻し方

 

ダイエットで痩せた胸を戻す、とうことはダイエットで痩せた、二の腕やお腹周りなどの他の部位には脂肪をつけずに、胸にだけ脂肪をつける、ということです。

 

ダイエットで痩せた胸に起こっていることは、胸の脂肪が燃焼してしまった、ということです。
胸の脂肪がついている元は乳腺なので、外部からの衝撃から乳腺を守るために付いていたこの乳腺脂肪が減少することで、乳腺自体も小さくなっています。

 

乳腺の大きさと、乳腺にくっついている脂肪量は比例しているからです。

 

つまり、ダイエットによって胸の脂肪がなくなったことで、小さく衰退した乳腺を復活させることができれば、ダイエットで痩せた胸も戻すことができるというわけです。

 

ただ、成長期とは違い、20代後半や30代、40代ともなると、自力で痩せた胸を復活させるほどのエストロゲン(卵胞ホルモン)を増やすことは現実的に考えて難しいため、不足している女性ホルモンを外部から補う必要があります。

 

成長期を過ぎてからエストロゲンを増やして痩せた胸を戻すには

 

避妊目的でピル(経口避妊薬)を飲み始めたら、胸が張ってきたりと豊胸効果を実感した、カップ数が上がった、という事例がるように、ピルはエストロゲン値を引き上げる作用があります。

 

エストロゲンは血液の流れに乗って、バストまで送られ、乳房の中にある乳腺を刺激することで乳腺を発達させます。

 

じゃあ、ダイエットで痩せた胸の戻し方で、一番バストアップ効果が高いのがピルを飲むこと!
と結論を急ぎがちですが、実際、ダイエットで痩せた胸をを戻すために、病院に行っても、ピルをもらうことなど出来ません。

 

ダイエットによる胸痩せは、保険適用外の上、胸痩せを症状として、ピルを処方してくれる医師はいないでしょう。

 

ピルよりも効果のあるプエラリアで女性ホルモンUP!

 

エストロゲンを増やし活性化する効果としては、ピルよりも人気があるのがプエラリアです。
大豆に含まれる大豆イソフラボンが、40倍も含まれているため、プエラリアは短期間で女性ホルモンを増やす効果が期待できます。

 

プエラリアを飲むと太る、太りやすい、などと言われますが、過剰摂取を避け、用法・容量を守れば、そこまで心配する必要はありません。

 

プエラリアを飲むと、確実に女性ホルモンを増やすことができるため、徐々に女性らしいふっくらした体つきになっていきます。
特に顕著に現れるのが、乳腺発達による胸の張りです。

 

女性ホルモンであるエストロゲンが、乳腺を刺激して発達するため、それを守るために乳腺脂肪も増えていくのです。
枝状に張り巡らされた乳腺に、乳腺脂肪が増えていく感動は、プエラリアを飲んだことのある人にしか経験できません。

 

最近では、痩せたまま胸だけ大きくするために、プエラリアとダイエット成分を同時に配合したサプリメントなども人気があります。

 

豊胸効果のあるプエラリアと、太りやすいデメリットを解消するダイエット成分を独自配合することで、太らずに、痩せた胸にだけ脂肪をつけることが出来るため、芸能人やグラドルにも愛用者が多くブログなどでも紹介されています。

 

太らずに痩せた胸を戻すサプリの効果と口コミはこちら⇒

関連ページ

バストアップはリバウンドなしで可能!
ダイエットでなくなった胸はリバウンドなしでバストアップすることが可能です。
ダイエットで小さくなった胸を取り戻す
ダイエットで小さくなった胸を取り戻すにはどうしたらいいのでしょうか?
食べないダイエットは胸痩せの原因!
食べないダイエットは胸を真っ先に痩せさせてしまう原因です。
ダイエットで痩せた胸は豊胸手術以外で戻ります
ダイエットで痩せた胸を戻す手段として豊胸手術を視野に入れている人もいますが、そこまでお金をかけなくても簡単に痩せた胸は取り戻すことができます。
ダイエットで胸がしぼんだらどうする
ダイエットで胸がしぼんだらどうすればいいのでしょうか。
痩せてなくなった胸に必要なモノ
ダイエットで痩せてなくなった胸は復活させることが可能です。
ジョギングで豊胸は可能?
ジョギングで豊胸は可能なのでしょうか?
痩せた乳は元に戻る?
痩せた乳は元に戻るか不安になる気持ちはわかりますが、正しいバストアップ方法で確実に胸を大きくすることができます。
20代でaaカップになったら
20代女性のダイエット率は高い傾向にありますがダイエットをしたらaaカップまで胸が小さくなった、痩せたという人も少なくありません。
胸が痩せてしまった時の対処法
胸が痩せてしまった時の対処法について解説しています。