食事制限 バストから痩せていく

MENU

食事制限をするとバストから痩せていく!?

 

ダイエットをするとバストから痩せていく原因は明らかです。
バストは、サイズ、張り・弾力・、潤いがなければ、美しさを保つことができません。

 

太っている人は肌に張りがありますが、これは栄養が満たされているからです。
つまり、食べ過ぎとはいえ、肌に張りをキープするための栄養がきちんと摂取できているのです。

 

バストにもこれとまったく同じことがいえます。
バストの大きさや張りをキープするには、最低限の栄養素が必要となります。

 

ところが、栄養を疎かにした食事制限などのダイエットを行うと、バストのサイズや張りをキープするための栄養素が不足して、結果的にバストはスカスカになってしまいます。

 

バストは体の一部である以上、定期的に細胞の入れ替え、つまりターンオーバーが行われています。
日々つくられる細胞によってバストは維持されているのです。

 

バストは9割が脂肪で形成されているため、これらを支えるものが必要です。
このバスト全体を支えているものがクーパー靭帯と呼ばれるものです。

 

おっぱいの皮膚の表面下で、しっかりと私達のバストを支え続けているクーパー靭帯。
一食置き換えダイエットやプチ断食などのファスティングダイエットなどの食事制限を行ってしまうと、このクーパー靭帯の強度を維持することができなくなってしまいます。

 

クーパー靭帯自体はコラーゲンで作られているため、食事制限によりコラーゲンが不足すると、どんどんクーパー靭帯は伸びていき、バストも垂れていきます。

 

バストも保湿成分が失われ、カサカサになっていくため、食事制限によってこういった症状が現れた場合には注意が必要です。

 

食事制限をするとダイエットには成功するが、乳腺が衰退する

 

バストの形・サイズ・張りをキープするためには、日々バストに栄養を送り込んであげる必要があります。
バストに必要な栄養を運んでいるのは血液です。
そして、この血液を作り出しているのが、私達が日々口にしている食事からの栄養なのです。

 

おわかりでしょうか?
食事制限などのダイエットを行うと、健康な血液が作られなくなってしまい、バストが痩せるどころか、貧血になってしまう危険性もあります。

 

バストアップするためには卵巣で作られた女性ホルモンであるエストロゲンが、乳腺まで血液によって運ばれ、乳腺を刺激する必要があります。
血液不足になると、このエストロゲンが乳腺まで送られなくなるため、乳腺がどんどん衰退していきます。

 

私達が普段摂取している栄養は、乳腺を発達させるためになくてはならないものなのです。
バストの大きさ・形・弾力を維持するためにも、食事制限によるダイエットは絶対にやめましょう。

 

実際にダイエットで胸痩せしてしまった人は早めの対処が必要です。

 

>> ダイエットで胸痩せした人が短期間でなくなった胸を取り戻した方法とは

関連ページ

ダイエットで胸がなくなる理由って?
ダイエットをすると胸がなくなる理由について解説します。
ダイエットでバストダウンした人はこれで戻そう
ダイエットでバストダウンした人でも簡単に痩せた胸を取り戻す方法って?
ダイエットしたら胸がしわしわに!?
間違ったダイエットは胸をしわしわにしてしまう原因です。
ホルモンバランス異常を引き起こすダイエットって?
間違ったダイエット方法を実践するとホルモンバランス異常を引き起こす危険性があります。
痩せたおっぱい戻すには
痩せたおっぱいを戻して形の綺麗なツヤのあるバストを手に入れましょう。
痩せて胸が落ちたらどうする?
痩せて胸が落ちた場合でも焦る必要はありません。正しいバストケア方法で落ちた胸を戻すことはできます。