痩せて胸が落ちた

MENU

痩せて胸が落ちたら絶対にやるべきこと

 

ダイエットで痩せることに成功した人の中には、一緒に痩せて胸が落ちた人も少なくありません。
ここでは、ダイエットで痩せたことで、胸の脂肪までなくなった場合にまずやるべきポイントを3つお話ししています。

 

血流を高める

 

冷え性の女性は多いですが、特に痩せ体質の女性は、筋肉量が少ない傾向にあります。
痩せ型だけど筋肉ムキムキの女性というはあまり見かけませんよね。恐らくアスリート選手くらいのものでしょう。

 

冷え性で筋肉量が少ない人は、血流が低下していて、体中(末端含む)に、栄養が行き渡っていない可能性があります。

 

血液の循環を良くすることで、冷え性はかなり改善されます。
体温を下げる冷たい飲み物は極力避け、ウォーキングや膝をついた軽い腕立て伏せなどでも良いので、継続することで、基礎体温を上げることができます。

 

基礎体温が上がることで、血流もUPし、血液の循環も良くなり、痩せた胸にも栄養が行き渡りやすくなります。
健康とバストの大きさは比例しています。ぜひ今日から実践しましょう。

 

失なった女性ホルモンを取り戻す

 

脂肪は女性ホルモンによって作られますので、痩せてガリガリの女性には女性ホルモン自体が不足しています。

 

痩せて胸の脂肪を失った場合、確実に女性ホルモンも一緒になくなったと考えて問題ありません。
失われた女性ホルモンを取り戻すことで、乳腺は再び復活させることができます。

 

女性ホルモンを増やす身近な方法としてオススメなのが、女性ホルモンを作る元となっているコレステロールを摂取することです。
痩せて胸まで落ちた女性の体内のコレステロール値は平均よりかなり少ないです。
つまり、ダイエットなどのカロリー制限や、脂肪分を避け続けた結果、コレステロールが体内に不足してしまった状態です。

 

コレステロールがないと女性ホルモンを体内で作ることはできないため、女性ホルモンによって維持されていたバストサイズ・形・張り・ツヤなどはどんどん失われていきます。

 

ダイエットをすると胸が落ちる人のほとんどは、胸に必要な栄養を自ら絶ってしまうからです。
痩せる過程においても、胸に必要な栄養素を継続して摂取する必要があります。

 

コレステロールは、卵胞ホルモンであるエストロゲンを作るだけでなく、黄体ホルモンであるプロゲステロンも作り出す原料となります。この女性ホルモンのバランスが崩れると、心身ともに悪影響を及ぼします。

 

乳腺発達・乳腺脂肪を増やす、などの働きがあるこの2つの女性ホルモンは、胸を大きく成長させる上で欠かせないホルモンです。

 

女性ホルモンを増やし、乳腺が乳腺が発達することで、再び乳腺周りの脂肪も増えていきます。
ダイエットで痩せて胸が落ちた場合、女性ホルモンを増やすことは一番重要なことです。

 

10代で最も多く分泌される女性ホルモンは20代を境に減少していくため、20代以降の女性がダイエットで胸が痩せた場合、自分の体の中で女性ホルモンを作り出すことができません。

 

そのため、ダイエットで失われた分の女性ホルモンを、サプリメントなどで補う必要があります。
女性ホルモンを増やすサプリメントは、エストロゲンの分泌量が最も盛んになる卵胞期に摂取するのが最も効果的です。

 

ダイエットの呪縛を取り払う

 

ダイエットをしたら痩せて胸まで落ちた・・・

 

と落ち込んでいても仕方ありません。
痩せた胸、なくなった胸を鏡で眺めていても現実を変えることはできません。

 

ダイエットで失われたのは、胸=女性ホルモンです。
胸に脂肪を付けるためには、女性ホルモンを増やすしかないのです。

 

効率よく女性ホルモンを増やして、短期間多くの女性が、ダイエットで落ちた胸を復活させることに成功しています。

 

女性ホルモンを短期間で増やして痩せた胸を戻すことに成功した口コミはこちら⇒

関連ページ

ダイエットで胸がなくなる理由って?
ダイエットをすると胸がなくなる理由について解説します。
食事制限はバストから痩せていく原因!?
食事制限はバストから痩せていく原因となるのでしょうか?
ダイエットでバストダウンした人はこれで戻そう
ダイエットでバストダウンした人でも簡単に痩せた胸を取り戻す方法って?
ダイエットしたら胸がしわしわに!?
間違ったダイエットは胸をしわしわにしてしまう原因です。
ホルモンバランス異常を引き起こすダイエットって?
間違ったダイエット方法を実践するとホルモンバランス異常を引き起こす危険性があります。
痩せたおっぱい戻すには
痩せたおっぱいを戻して形の綺麗なツヤのあるバストを手に入れましょう。