ジョギング 胸痩せ

MENU

ジョギングで胸痩せしないための予防策

 

痩せるために女性は様々な努力をしています。
その中でも脂肪燃焼による痩身効果として人気なのがジョギングです。

 

ただ胸は、90%が脂肪で形成されているため、体重をかけて一歩一歩踏み込むたびに、胸自体に負担がかかります。
胸全体を支えているのはクーパー靭帯と呼ばれるもので、このクーパー靭帯に負荷がかかってしまうのです。

 

靭帯を伸びる性質があり、普段の日常生活において、伸びてしまうことはないですが、ジョギングのような激しい運動を続けていると、少しずつ伸びていきます。

 

特に巨乳の女性は、上下に激しく揺れるため、クーパー靭帯に非常にダメージを与えてしまいます。
また、胸が大きければ大きいほど脂肪量も多いため、体の中で最も体温の高い心臓近くにあるおっぱいは、あっという間に燃焼してなくなってしまいます。

 

ジョギングをすると胸痩せしてしまう女性が多いのにはこのような背景があったのです。
そのため、どうしてもジョギングでダイエットしたいという女性は、バストにそれなりの補強が必要です。

 

極力胸が動かないように、少しタイトなブラジャーを着用するのは常識。
普段の生活においてここまできつめのブラジャーを着用している女性は少ないですが、ジョギングのために専用のブラジャーを買うことをオススメいたします。

 

結局このあたりのバストケアを怠ったために、胸から落ちてしまっては元も子もありません。
自分の体を守るためにも、この程度の出費はケチらないようにしましょう。

 

バストの土台ともいえるクーパー靭帯が伸びきってしまっては本当に悲惨です。
垂れた胸は外見的にも本当にみっともなく、精神的にもかなりのダメージを受けます。

 

クーパー靭帯を伸びさせないためにも、今のバストサイズを維持しながら、正しいバストケア方法を実践しながら痩せて、理想の体型を手に入れましょう。

 

ジョギングで胸がなくなったらどうする?

 

ジョギングによってなくなった胸であれば、元に戻すのはそれほど難しいことではありません。
おっぱいの脂肪は燃焼されて小さくなってしまったわけですが、小さく退化した乳腺を再び復活させてあげれば、発達した乳腺の周りに乳腺脂肪がついて、自然と女性らしいふっくらとしたバストを形成することができます。

 

乳腺を発達させるためには、卵巣で作られるエストロゲンの分泌量を増やす必要があります。
なぜなら乳腺は、エストロゲンによって刺激されることで発達し大きく成長するからです。

 

ただ一つ問題があって、ジョギングによって胸が痩せるほどのダメージを体に受けていると、ホルモンバランス異常を引き起こしている可能性があります。

 

痩せるためにジョギングをしている女性は、普段の食事の量を減らしたり、何かしらの手段でカロリー制限をかけている人も多いです。
これから痩せた胸を戻すために頑張ろうとしている時に、バストに必要な栄養を制限してしまっていては、大きくなるものも大きくなれません。

 

まずは、低下している卵巣機能を復活させ、減少している女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量を増やすことが先決です。
女性ホルモンは代謝向上作用もあるため、ホルモンバランスを整えることで、余分な脂肪を燃焼してくれる働きもあります。

 

他の部位には脂肪はつけず、胸にだけ脂肪を取り戻すために必要な成分をうまく取り入れることで、短期間で痩せた胸を取り戻すことができるため、それほど深刻になることはありません。

 

>> ジョギングで痩せた胸を短期間で取り戻せた成分って?